2023年12月19日

低温調理器でお野菜料理

 電気圧力鍋で低温調理、やってみたかったお野菜を作ってみました。

 まずは玉ねぎの白だし煮。包丁で十文字に切り込みを入れ、丸ごと鍋に投下。切り分けてしまうと、玉ねぎがバラバラになってしまいます。盛り付ける際に、好きなように切ればいい。私は食べやすいように1/4ずつに切り、2個(玉ねぎ半分)だったり1個だけにしたり、その時の他のおかずの量で調整しました。

 大好きな、ふたばの白だしを使うと、玉ねぎの甘味が引き出されて本当に美味しかった。大き目の玉ねぎ3個を一度に調理したので、90度で一時間半にしました。玉ねぎから水分が出ますが、やっぱり先までお出汁に浸かってないと味がしみないので、結構な量のお出汁になる。

 残ったお出汁は白だしと玉ねぎの甘味が出ていてとても美味しいので、大根を煮たり、ありもののスープにしたりして食べきりました。

 その白だし煮を作ったあとの圧力鍋は、パッキンも蓋も洗剤で洗いましたが、やはり玉ねぎと白だしの匂いは残ります。漂白剤とかすればよいのかもしれませんが、そこまで我慢できなくはないので、私はやりませんでした。

 その後、じゃがいもやさつまいもを蒸したので臭いはとれました。じゃがいももさつまいもも、アイラップ(湯煎調理可能なビニール袋)に入れて水煮にしたので臭いは新たにつきませんし、玉ねぎの白だし煮の匂いは取れました。

 さつまいもは、おせちの栗きんとんのために一本だけ蒸しました。マッシュして冷凍しておくので。一本はちょっと多いので、1/5ほど味見に食べてみましたが、うーん、甘いっちゃ甘いけど、スーパーで買える焼き芋のほうが美味しいかもなあ。

 紅はるかだからか? しかし、じゃがいももそうなんですが、お芋を蒸した時の、粉をふいたホロホロになるホクホク感がないのです。食感だけを比べるなら、普通の鍋で蒸す、ほくほくの粉ふき芋感も捨てがたい。まあ、お芋自体は素材の甘さが出るんですけどね。

 でも旦那が低温調理じゃがいもを一つも残さずに、一気に食べきってしまったので、きっと味はよかったのでしょう。

 圧力鍋はガス用があるので、山善の電気圧力鍋は、低温調理で野菜や甘酒のみに使うことにします。でも野菜のポトフはウインナやベーコンを入れて、低温調理器で作ってみたいなあ。


今日の過去記事は、電気圧力鍋で甘酒を作ってみた
https://nanten505.seesaa.net/article/501080821.html



posted by ひろん at 17:31| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月15日

むさしの森珈琲に行けた

 すかいらーく系列のカフェです。ガストより、少々お値段高めな高級?設定。デザートまでつけると2000円近くします。新潟県内にまだ一軒しかないんですけど。

 アボカドと海老の塩レモンパスタが食べたくて行ってきました。こういう変化球パスタは新潟のご近所イタリアンではまず定番メニューにありません。

 日替わりランチで運が良ければ食べられる。日替わりだって、トマトソース・ニンニクのオイルソース、クリーム系など、定番ソースで具材が日替わりなだけのパターンが多い。

 だから、変化球パスタがいつでも食べられる!というのは、私にとって非常にありがたいのです。チェーン店の恩恵ですね。

 デザートはモンブランが食べたかったのですが、モンブランのクリームが出てくる機械が故障中らしく、デザートなしにしました。なんかもうパンケーキに飽き飽きしてしまってるんですよ。注文してしまってから、パスタ大盛にすればよかった、とメニューを見たのですが、やっぱりデザート提供が前提だからか、パスタ大盛の値段設定がありませんでした。

 お客は女性ばかりだし、パスタ大盛にする人なんていないんでしょうね。やっぱりパスタソースはファミレスの規格っぽい味なんですが、サラダのドレッシングがコブサラダのドレッシングだったり、ガストとは違いますね。

 かなり遠いので行くのは大変なのですが、今度はチキンガレットが食べたいなあ。メニュー全般、インスタ映えしそうなフォトジェニックなものばかりです。

 都内でも23区の北側にはあまりなくて、行きやすい場所はこの新潟と埼玉県内にあるもう一軒だけでした。もともとファミレス立地が多いので、関東でも駅近にはあまりないみたいなんですよね。

posted by ひろん at 14:52| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月12日

他人の欠点がすぐ目についてしまう

 私自身、年齢を重ねて賢くなったことの一つに、他人の欠点がすぐに気が付いてしまう、という点があります。多分私の記憶の中に、いろいろな人のいろいろな性格と行動パターンが蓄積されているからでしょう。

 若い時はそれらのことに気が付かなかったし、自分自身の経験不足から、他の人の話にも熱心に耳を傾けていました。しかし中年以降、他の人の話を熱心に聞いても自分の役にまったく立たないということが分かってきて、つまらない話を聞くことが苦痛になっています。

 でも人間って老いも若きも、そもそも自分が話すことが大好きですね。自分自身もそうなので、だからブログなんてやっているんですが。

 他人の欠点にすぐ気が付いてしまうと、必然的にその人のことを尊敬できなくなくなってしまうということに、今更ながら気が付きました。

 自分自身も欠点だらけなんです。自分のことを棚に上げまくる事実も重々承知なんですが、他人を尊敬できないという点は、如何ともしがたい。年齢を重ねると友人が出来なくなる、というのは、経験から他人の欠点がすぐ目についてしまうのも理由なんでしょう。

 しかも、お付き合いが長くなると、特に年上の方々は、認知症とまで行かなくても、他人への配慮ができなくなる人もいます。以前はそんなに目につかなかったのに、最近気が付いてしまう。お互いに年齢には抗えないのかな、と思うと悲しいですね。

今日の過去記事は、嫌われるのも心の通じ方のひとつ
https://nanten505.seesaa.net/archives/20230630-1.html


posted by ひろん at 20:06| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。