2021年03月30日

恋愛ができる男性の割合

 男性の草食化?が謳われて久しいですが、交際相手を持つ男性の比率が、1987年が22.3.%、6年前の2015年が21.3.%、バブル期とほとんど変わらないじゃないか! 自発的に恋愛ができる男性の割合は3割以下ということか?

 グラフを見ると交際相手を持つ女性の方がやや高く、三割強から三割半の間を推移しています。女性の方が人数が少ないからでしょうか。それにしても少ない。学生時代の友人の8割が恋愛結婚している私には衝撃のレポートでした。

 昨今の未婚化増加に、お見合いの減少があるだろうとは思っていましたが、職場結婚も減少しているらしく、拍車をかけているそうです。職場結婚、今ではセクハラと紙一重?なのでしょうか。私自身は職場結婚じゃないですが、数多く目撃してきたのでちょっとにわかに信じがたいです。

 100年前の男性の約95%が結婚できていたのはやはりお見合いという結婚保護政策のおかげだということで、やっぱり人間って恋愛自体が難しいのかなあとつくづく思います。


100年前の日本人が「全員結婚」できた理由 (東洋経済オンライン)
https://toyokeizai.net/articles/-/202863

過去記事ですが、一夫一婦制はモテない男性にとって福音?
https://nanten505.at.webry.info/site/pc/preview/entry


にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
ラベル:つぶやき
posted by ひろん at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック