2020年07月22日

おばあちゃんの部屋のゴミ捨てが終わった!

 ああ、スッキリ達成感! 認知症のおばあちゃんの部屋のものを並べたテーブルが綺麗になりました。燃やすごみ以外の分別が必要なもの、例えば未使用の化粧品、使いかけの薬(液体やクリーム状)、洗ってないコップ、皿複数、使用済み乾電池、ヘアピン、画びょうなどなど。後は少し残っている洋服(着そうな物)を移動して壁や天井の埃をおとして掃除機をかければいい。コロナ自粛期間中に細々としてたけど、中々腰が重くて一気に来れなかった。けどようやく目途がつきました。

 しかし汚い布団など粗大ごみを持っていったら焼却場での洋服の回収がコロナでストップしている。洋服の大袋5袋をまた持って帰って来ました。輸出がストップしてるせいだそうです。9割は私の服じゃないのに。後半年か一年位寝かせておくか。田舎なので放置スペースはあるから。燃えるゴミでも出せるんだけど、専用ゴミ袋を買うのでお金がかかるんです。他の人の役に立つ、リサイクルした方が資源になるよなあ。

 よく考えたら納戸部屋二部屋に残っている部屋の整理も洋服ダンスが何本もあるんで、ほとんど洋服だ。きちんと見てないけど多分そうだ。ああ、秋になったらやろうと思ってたけどコロナが収束しないとできないじゃないか。

 そこには来客用の布団も10組ほどあるんですよ。半分は残しておくけど、残りは、どないせいっちゅーんや。タグが付いてたら(未使用なら)売れるのか?保管状況が怪しすぎて私なら買えない。粗大ごみなのかなあ。

過去記事ですが、おばあちゃんのゴミとの格闘 粗品タオル編
https://nanten505.seesaa.net/article/201805article_4.html


にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
ラベル:整理 掃除
posted by ひろん at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 整理 掃除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック