2019年10月01日

春と秋は捨て捨て月間

 今年の4月5月は忙しかったので秋こそは何かを捨てねば!整理せねば!と思っているのですが、中々重い腰があがらず、モチベーションアップのために本を読みました。片付かない!どうする我が家、親の家 ミドル世代の暮らし替え整理術という本です。本を読んでもモノは減らないのですがなんとか気持ちだけでも前向きにせねば。

その中の、
あなたの片づけタイプは?

優柔不断さんタイプ
「もったいない」がくちぐせになっていませんか?不要な物が判断できないタイプ
モノの賞味期限を決める
定期的に内容チェック ダブり、使っていないものを抜く
綺麗の気持ちよさを知る

戻しベタさん
置きっぱなし 出しっぱなしで散らかるタイプ
モノの定位置を決める
よく使う場所の近くに
動線を考える

おおざっぱさん
寸法も計らずに家具や収納グッズを買い足し悪化させるタイプ
使用頻度に合わせてよく使うモノに一等地を
モノの定位置にラベル張り
見せると隠すを使い分けましょう

欲張りさん
安売りやお得に目がなく、同じものを買いだめしてしまうタイプ
増やした分だけ処分する
ストックを把握する
一晩考えてから買う

ものぐささん
インテリアや収納本はたくさん持っているが、実際に片づけるのは面倒なタイプ
ざっくり収納のアイテムを用意する
仮置き場を作る
定期的にチェック 散らかってきたなと思ったら、定位置に戻すよう見直しましょう

 チャートもありますが、そんなのやらなくても私はおおざっぱとものぐさが同量。+戻しベタ。しまい込むと死蔵品になる。押し入れや引き出しの整理分類整頓が苦手なので今の課題です。そしてどんどん増えるモノ。子供の学校塾関連。自分の趣味の物(今は画材や関連本が増殖中)読みかけの本、ブログのネタ(紙もの)などなど。お子さんが複数いる方は大変ですよね。

 でもこのブログを始めたころより進歩してるんですよ。以前は掃除はできていたけど、なんでこんなに部屋が雑然としているのか原因がわからなかった。どこを何をどうすればいいのか全くわからなかったんです。今は、あそこをなんとかしたい。という場所が複数浮かぶ。より細かい部分にフォーカスできるようになった、とちょっとだけ自画自賛です。歩みは遅遅として進まないんですが・・・。

 何をしよう?やりたい場所は大量にあれど、優先順位をつけないといけない。そこで思考停止してしまう、困ったもんだ。


過去記事ですが、捨てられない人のリバウンドしない片づけ方↓
https://nanten505.seesaa.net/article/201807article_6.html

片づかない! どうする我が家、親の家―ミドル世代の暮らし替え整理術
片づかない! どうする我が家、親の家―ミドル世代の暮らし替え整理術



にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
ラベル:整理 掃除
posted by ひろん at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 整理 掃除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック