2023年05月15日

人はどう死ぬのか 久坂部 羊 著

 在宅診療医師兼作家の久坂部羊氏が、安らかな死を迎えるために私たちが知っておいたほうが良いことを解説してくれたエッセイです。普通の人だと看取りは家族の人数くらいですが、やはり何年も何十人も看取ってきた医師の経験は参考になります。

 医師に人気の死因、一位はがんだそうです。本人にとっても、周りも死期の目途がたつのが一番の理由だそう。消去法の結果だそうですが。

 ぽっくり死にあたる、脳梗塞、心筋梗塞、くも膜下出血は発作の時に、激烈な痛みを感じるらしい。苦しむ時間は短時間とは限らないし、くも膜下出血は金属バットで頭を殴られるような痛みといいます。痛みの持続時間や強弱は個人差があるでしょうが。

 老衰死も人気がありそうですが、死ぬまでが、かなり大変。目耳鼻味覚の感覚はなくなり、関節痛に耐え、心不全と筋力低下で体も動かせなくなり、呼吸も苦しい。その時間も個人差があるのが老衰。一日や半日くらいで老衰死ができればいいのでしょうけど。

 がんで死ぬときに大事なのは、無理に治ろうとしない。がんと共存していく。ほどほどの治療で様子をみて、効果より副作用の方が大きくなったら潔く治療をやめるのが、癌治療の要諦です。

 あらかじめ自分の死に注文をつけず、虚心坦懐にあるがままを受け入れ、最後に自分の人生の肯定と感謝を感じるのがいい死に方のコツなのではないか。

 超高齢や末期がんの人は、自宅で意識がなくなっても、救急車を呼ばない方が、本人は楽に死ねるケースが多いとのこと。救急車を呼んでしまうと、車内や病院で苦しい延命措置をされてしまうから。けれども、自分本人はともかく、家族が意識不明の時に、救急車を呼ばない選択は難しいと私は感じます。

人はどう死ぬのか (講談社現代新書) - 久坂部羊
人はどう死ぬのか (講談社現代新書) - 久坂部羊


にほんブログ村


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
posted by ひろん at 18:42| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。