2023年03月09日

介護されるときは、世話され上手を目指して

 母の介護をしているので、介護関連の本を最近読んでいるんですが、「世話され上手」という表現が面白いなと思ったのでご紹介します。

樋口恵子さんの著書で「老ーい、どん」という本の中に出てきたのですが、その中で、幸せに生きる人の共通点として、「~徐々に衰え、自分を開き、自宅を開き、人の世話を受け入れ、冷蔵庫の中を整理されて、でも言うべきことは言う」とあります。

 最後の「言うべきことは言う」という部分が、難しいですね。ヘルパーさんの性格と、介護者の性格と両方でベストな言い方が違うでしょうから。

 1 ありがとうが自然に出る
 2 いい笑顔
 3 どうしても、嫌なことは我慢しない
 4 自分のことを知ってもらうのにメモを活用 出身地・好きな食べ物 苦手な食べ物 好きな番組 苦手な物など。

この上の4項目は高瀬クリニックの高瀬義昌さんの考えのようです。この4項目は年齢を限らず、誰でも使えそうな気がします。


今日の過去記事は、修道女の介護者の祈り
https://nanten505.seesaa.net/article/201902article_5.html

おひとりさまの認知症 幸せに暮らす準備ブック - 髙瀬 義昌
おひとりさまの認知症 幸せに暮らす準備ブック - 髙瀬 義昌



にほんブログ村


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村



ラベル:健康
posted by ひろん at 16:11| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年03月04日

ミコアイサ発見

 鴨の仲間のミコアイサ、今朝見た鳥、鴨っぽくないよなあと、ぐぐってみたら発見しました。柄は一緒だ。嬉しいですね。

 朝の小さな散歩で見つけました。細々と続いています。新潟はまだ曇りや雨の日が多く、山はほとんど見えない日が続いていますので、面白くない。しかも、晴れていても山だけ雲がかかってたり。日の出の時間が早くなり、私のおさんぽ時間帯は晴れていても、もろ逆光で山がよく見えなかったりするのです。つまらん。

 しかし、山を見ていてもわかります。二月末時点で、雪が少なく紺色の山肌が多い。今年は残雪の山が楽しめる期間は短そうです。

 鴨さんたちに会えるのも今だけ。またシベリアに帰ってしまう。なので行ける時はなるべく会いに行きます。5分くらいなので散歩といえるのか怪しいですが。

 鴨さんたちは非常に警戒心が強く、足音なのか?私が見ている、ロックオンされているのが分かるのか?かなり距離があってもすぐに逃げてしまいます。もっと近くでよく見たいんですけどね。

本の表紙の鳥がミコアイサです。

週刊 野鳥の世界 110 ギャラリー:ミコアイサ ホシガラス 茨城県涸沼 - クロス中山
週刊 野鳥の世界 110 ギャラリー:ミコアイサ ホシガラス 茨城県涸沼 - クロス中山

今日の過去記事は、雪の中の小さな散歩
https://nanten505.seesaa.net/article/495173111.html


にほんブログ村


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


posted by ひろん at 11:49| Comment(0) | 季節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。