2022年11月14日

今できていることを減らさない

 老年医学精神科医の和田秀樹さんが、認知症対策として挙げていたのが、頭を使い続けること。仕事はやめないで、可能な限り続ける。本を読む、人と議論をする。今、できていることを減らさない。料理やオタク趣味なども継続する。

 ルーティーンではなく、非日常的な体験、予測不能な事への対処こそ、前頭葉は刺激される。将棋や麻雀などもよい。高齢になればなるほど、前頭葉は弱い刺激では反応しなくなる。質の高い環境づくりを心がけよう。

 私は和田先生、70歳が老化の分かれ道などの著書から、ずっとおじいちゃん先生だと思っていたのですが、昭和35年生まれの先生と知ってびっくりしました。非日常的な楽しみがここでも必要と言われていますが、私の場合、悩みますね。

過去記事ですが、2022年11月08日 非日常の楽しみが欲しい!
https://nanten505.seesaa.net/article/493304636.html


にほんブログ村


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





ラベル:健康
posted by ひろん at 20:30| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。