2021年03月24日

歌舞音曲が人類にもたらしたもの

 地球上で歌、踊り、音楽がない国は恐らくないでしょう。昔からとても不思議でした。歌舞音曲って人が生きていくために必要な衣食住にはまったく関係ないものなのになんで存在するんでしょう? BSプレミアムのドキュメンタリー「“ダンス” ヒトはなぜ踊るのか」の再放送を見て、納得しました。

 太古の昔、人間は「踊る」という、一見無駄に見える?行為で、自分の生存力の強さをアピールして進化していたのだ。

 踊ることによって、健康さ、体のキレ、栄養状態の良さを複数の異性に伝えることができる。

 そもそも、野生の中では、踊るということは、目立つこと=敵に襲われる可能性が高くなること。無駄なエネルギーを使って、踊るために栄養(カロリーなど)を余計に摂らなくてはいけない。これはものすごく大変な事。この大変なことができる、ということはその個体の生存力を見せつけることができる。

 確かに、鳥でも雄が雌に求愛のダンスをするものがいます。鶴のように、雄も雌も一緒に踊る鳥もいます。人間は雄が雌だけにアピールではなく、お互いにアピールしあうよう進化してきたのでしょう。また、踊ることによって、リズムや動きのタイミングなどでお互いの相性も計れたのかもしれません。

 男女の性のためだけではなく、盆踊りのような、グループでの踊りが社会的結束を高める効果があるらしいです。仲間同士の同調と共鳴を生み出すことによって、人類は5~6万年前にアフリカを出て、危険を乗り越えながら世界に広がっていった。踊りで心を一つにして、生きていくための社会を作り続けてきたのです。

 おそらく「歌」にも踊りと同じような効果があるのでしょう。声の大きさで肺活量が分かります。そして民謡は大漁や五穀豊穣の感謝などを表現します。だから教会や神事など宗教的なシーンで使われることも多かったのでしょう。

過去記事ですが、ダンス、人はなぜ踊るのか?途中から見たので番組後半の内容です。
https://nanten505.seesaa.net/article/202103article_7.html



にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
ラベル:テレビ
posted by ひろん at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月21日

ダンス、人はなぜ踊るのか?

 音楽と言語を持たない人間の種族はいない、ということから、ダンスをしないホモサピエンスもいないんじゃないか?との推測から、この番組を見ました。結果、大当たり!

 恐らく太古の大昔、言葉より先に音楽があったのでしょう。枝と枝を叩いて音を出す、枝と石で素材を変えて音を変える、リズムを変える、などなど。

身体を動かして他人と同じ動きをするのがダンスになった。
ダンスと言葉はともに影響しあいながら進化した。
ダンスは人間が言葉を持つようになった、重要なきっかけ。

ゲストの東京大学の動物行動学者、岡ノ谷一夫さんがおっしゃっていましたが、ダンスが先で、踊りに使われる脳の神経細胞ニューロンが発達して言葉をマネするのに使われたのです。

「リズムと音楽とダンス」が人間の最大の特徴なのかもしれませんね。

 3月22日、午後11時45分から、NHK BSプレミアムで60分、再放送されます。私も途中からしか見てないのですが、ダンスが上手い人は何が違うのか?とか、ホームレスのダンス集団をとりあげられていたりして、面白かったです。

ヒューマニエンス「“ダンス” ヒトはなぜ踊るのか」
[NHKBSプレミアム] 2021年03月22日 午後11:45 ~ 午前0:45 (60分)
人間という不確かで不思議な存在とは何か?科学と未知の領域を行き来しながら、その真の姿に迫っていくシリーズ!今回は「ヒトはなぜ踊るのか」。あらゆる文化の根源か!?

過去記事ですが、最新の脳科学から音楽と言葉の共通点に触れています。音楽レッスンでIQを強化?
https://nanten505.seesaa.net/article/202103article_3.html


にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
ラベル:テレビ
posted by ひろん at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月18日

ヒューマニエンス選「“思春期” リスクテイクの人類戦略」再放送

 私のブログでもとりあげたNHK、BSプレミアムのドキュメンタリーの再放送が、3月25日に放送します。とても面白かったのでアンテナのある方は是非ご覧ください。

ヒューマニエンス 選「“思春期” リスクテイクの人類戦略」
[NHKBSプレミアム] 2021年03月25日 午後8:00 ~ 午後9:00 (60分)

詳細
コドモからオトナへ「思春期」がテーマ。最新の脳科学では思春期は30歳まで続くという。脳神経線維のミエリン化がその頃まで完成しないと、性ホルモンが脳に引き起こす「衝動」を抑えられないためだ。だが、それは人類進化で大きな意味を持つことも明らかに。思春期の感情的なリスクテイク行動が「好奇心」につながり、地球全体への生息域の拡大につながったというのだ。人類誕生から現代まで時空を超えて「思春期」を妄想する。

過去記事ですが、人類の進化に必要だった思春期
https://nanten505.seesaa.net/article/202012article_8.html

 ↑なぜ人間の一生は体力のピークと精神的成熟のピークがずれているのだろう?という疑問を持っていましたが、この番組で謎が解けました。
NHK ドキュメンタリー ヒューマニエンス 思春期です。

 ちょっと今週来週と想定外に忙しくなってしまいました。ただでさえ少ないブログの記事アップの頻度が更に落ちてしまいます。申し訳ございませんが、気長にお待ちください。


にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
ラベル:テレビ
posted by ひろん at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。