2021年01月09日

介護・医療費用は一人当たり700万円準備が必要

気になっていた介護費用の平均値を見つけました。「50代から老後の2000万円を貯める方法」という本です。

7.8万円 x 54.5か月 + 69万円(一時費用)=494.1万円

(生命保険文化センター平成30年度生命保険関する全国実態調査をもとに作成)

これは全て平均額・平均年数です。ケースバイケースでもっと高くなる可能性はあります 闘病期間が4年半弱というのはちょっと短い気もしますが。

ちなみに在宅介護の場合にかかる費用の一か月あたりの平均額は4.6万円
    施設介護の場合、11.8万円です。


65歳~85歳までの医療費負担額合計が187.5万円、約200万円です。

(厚生労働省年齢階級別一人当たり医療費の自己負担額 平成28年度実績に基づく推定値)

うちの子はまだ高校生。教育費本番の大学を卒業してみないとなんとも言えないのですが、心構えだけでもできたかも。

50代から老後の2000万円を貯める方法 - 水上克朗, じむ
50代から老後の2000万円を貯める方法 - 水上克朗, じむ


にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
ラベル:生活
posted by ひろん at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月06日

脳力を100%活用するのに必要なこと

 タイトルはちょっと違うんですが、なかなか面白かったサイトなのでご紹介します。右脳と左脳、両方を刺激すると脳力が覚醒するとあり、すごく納得できました。

 右脳からもらったアイデアやイメージを左脳はいろいろな角度から疑問視し、そしてその疑問を右脳に渡し、アイデアを出す方向性を伝え、また右脳が発想力を発揮する。右脳と左脳のキャッチボールが多ければ多いほど脳が活性化する、とあります。

 実はそれでも足りないものがあるんです。行動です。工夫がある行動=単純作業、これが土台だそう。でもまだ足りないものがあるんです。

 で、足りないものが幾つか足され、最後にに環境や体調など、なあんだ、当たり前じゃん、な結論になるんですが、その結論に至るまでの因数分解的思考が非常に面白かった。

 しかし、これらが全てそろった条件で果たして世界中すべての人の脳力がアップするのか? 現代人は、「考える」ことを嫌う人達が増えている印象です。あくまで個人的な感想ですが。まあ、私自身が考えるテーマがかなり偏っているので人のことは言えないかもしれません。

 私のブログの前回記事の人間らしさの原動力、好奇心と挑戦心があれば脳力がアップするのか?うーん、私の中で明確な答えが出て来ません(笑) 人間の多種多様な欲望が脳力を動かしているようにも思えます。

タイトルはかなり大袈裟?な気もしていますが、貼っておきますね。
脳力を100%活用する最も確実な方法
http://www.mentalism-learning.net/%e8%84%b3%e5%8a%9b%e3%82%92100%ef%bc%85%e6%b4%bb%e7%94%a8%e3%81%99%e3%82%8b%e6%96%b9%e6%b3%95

私の前回記事です。神が人間を創った目的
https://nanten505.seesaa.net/article/202101article_1.html



にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
ラベル:ひとりごと
posted by ひろん at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月02日

神が人間を創った目的

 以下の文章を読んだ時、タイトルの「神が人間を創った目的」が見えたような気がしました。人類学者、海部陽介氏のWeb Voiceのネット記事です。以下引用です。

「未知の物を(見たい)、明かしたい」というDNAが(人間には)刻み込まれているのかもしれません。「そうした力は、神様が人類に授けたのでは?」とすら感じてしまいます。

 好奇心や挑戦心は人間らしさの根本的要素。子孫を残し続けるという行為の中で、未知のものを解明する必要はないし、芸術や音楽も生物学的には必要ありません。

 しかし、人間だけが生存に不必要なことに熱中する能力を授けられている。こういった本能は、人類が未知の島を目指したことにも繋がっていると感じる。(引用終わり)

 同時に佐藤愛子さんのエッセイ、「私の遺言」?の言葉が思い出されました。

 神が人間を創ったのは、右脳(潜在意識・無意識=神の領域)から、脳梁を通して左脳(言語・論理的思考)へイメージを移し、言葉に変え、思考し、実際に体を使って行動させるため。という内容の記述がありました。佐藤愛子先生のエッセイのタイトルも文章もうろ覚えで申し訳ありません。

 その原動力となるのが好奇心と挑戦心なのだ。やっぱりこれらの力は神が人類(ホモサピエンス)に授けた目的なのでは?と私も感じました。

 海部氏は人類学者ですが、太古の日本人がしたであろう台湾から与那国島への旅、原始的な船を使った人力の航海を、クラウドファンディングで資金を集め、2019年に実現し成功させました。

 正直言って人類学者なのになんで今更再現する必要があるんだろう?この人は冒険家でもなんでもないのに。と思っていましたが、冒頭の言葉を私に届けてくれたことには非常に感謝したいと思います。

日本人の先祖は本当に「朝鮮半島や中国」からやってきたのか?
https://shuchi.php.co.jp/voice/detail/7718

過去記事ですが、この番組で海部氏の台湾から与那国島への海洋実験の冒険を知りました。

人類の進化に必要だった思春期
https://nanten505.seesaa.net/article/202012article_8.html



にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
ラベル:ひとりごと
posted by ひろん at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。