2019年06月08日

他人は私の精神安定剤じゃない

「他人といることで自分が心地よくなろうとするのは自己中なわがままでしかない。 他人は私の精神安定剤じゃない。」 なんかすごく納得できたというか、ストンと腑に落ちた言葉です。 

 おしゃべりしていると、その時は楽しい。後からどっと疲れる。 楽しみは刹那的というか、その時だけの儚い時間なんでしょうか? 後に残るのは疲労だけなんでしょうか? おしゃべりは楽しいけど他人の話から得る物なんてないと最近は思っているから私は他人に興味が湧かないのかな。

 他人に気を遣わせて自分が楽しんでいる時間は自己中な我儘なんですね。自分も気を遣っているつもりだったけど、もともとそんなに気が利くタイプじゃないしサービス精神も低い。私の気の使い方なんてたかが知れているんでしょう。 ちょっと反省もしました。

 でも自分はまったく楽しまないで他人を楽しませるためだけに時間を割くのも嫌ですよね。私も友人も一緒に楽しめることに誘うこと、声をかけることはしていきたいです。 常識がある人と腹六分のお付き合い、という言葉もいいですね。話足りないな、ってところで止めておけばいいんですよね。ちょっと難しいかな。

過去記事ですが、「ほめる」以前にできること↓
https://nanten505.seesaa.net/article/201901article_4.html


にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
ラベル:ひとりごと
posted by ひろん at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。