2019年02月09日

修道女の介護者の祈り

 要介護2の認知症の義母と同居しているので、この祈りを読んだ時うるうると涙がにじんできました。 ’泣く’までいかなかったケド。 呆けたおばあちゃんがしでかしたことに怒り狂っている時に、この祈りを思い出すことができればいいなあ。 最初の3行を特に思い出したい。少しだけ優しくなれそう。

 生命の泉、あらゆる癒しの源である神よ、病めるものに奉仕するわれら介護者を祝し、導き給え
 我々全ての者が人生において闇の時と光の時を交互に過ごすことを忘れないようにしましょう
 そして、闇が降りた時には、お互いのために我々がその光となりますように

 われわれ(介護者)の両手を優しさに溢れたものにしてください
 われわれ(介護者)の眼差しを柔らかなものにしてください
 われわれ(介護者)の心の窓を開いてください

 神の恩寵と愛と親切さがわれわれ(介護者)の両手と眼差しと心の窓を通じて光り輝きだしますように
 われわれ(介護者)の心遣いが病める人たちの心身の癒しのための安全なよりどころになるようにしてください
 神よ、われわれ(介護者)を常にあなたの慈愛に満ち溢れたものに再生してください

  (出典:《貧しい人たちの小さな修道女たち》修道会の『介護者の祈り』 賀来弓月訳)


 フランスのユマニチュード、高齢者の人権を尊重・尊敬し、人間愛を持って介護をすること。 知識としては知っていましたが、私には絶対無理だって思っていました。 

 迷惑をかけられるだけの家族には無理。 高齢者に愛情があれば別ですが、私には義母に愛情はありませんから。 高齢者は家族にはオンブに抱っこで甘えてわがままを言うけど、他人にはそれなりに気を遣います。 ユマニチュードは介護を仕事として報酬を貰っている人のための考え方だと思っていました。 

 修道女は報酬は貰ってないかもしれないけど、神への信仰故にこの考え方ができるのでしょうか? まあ、こんな祈りがあるのだから、誰にでも簡単に愛情深く介護ができるとは思えませんが。

 私はキリスト教徒ではないけど、万物に宿る神というか、宇宙エネルギーを神と呼べるなら、そんな神様の存在は信じています。 でも宇宙エネルギーの神様が私を慈愛に満ちた存在にしてくれるとは思えないんですよねえ。この祈りのような慈愛を持った介護は無理かもしれないけど、もう少しだけ、ちょっとだけ優しくなれたらいいなあ。 

 この祈りは、フランス人は「老い」を愛する 元外交官の賀来弓月さんのエッセイの一節です。

 過去記事ですが、フランス人は「老い」を愛する
https://nanten505.seesaa.net/article/201902article_4.html






にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
ラベル:自己啓発
posted by ひろん at 23:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月07日

フランス人は「老い」を愛する

 私はヨーロピアンエレガンス、特にパリのマダムのおしゃれが好き! フランス人は若い人は地味な物を着て、加齢とともにジュエリーも洋服も華やかになるお国柄。イタリアとかもそうですね。 若造がブランド物なんぞ着ていては、見知らぬお節介な人に「あなたには早すぎる」と注意されるらしい。 その秘密が解き明かされればいいな、と読み始めました。

Amazonより出版社からのコメント
なぜフランス人は老後を楽しみにし、日本人は老後に不安を覚えるのか。
10年にわたってフランスのカトリック修道会で介護ボランティアをした元外交官の著者が教えてくれます。

 装丁と賀来弓月さんというお名前からてっきり女性が書いた本だと思って読み始めました。 元外交官なんてかっこいい~♪ 読み進むうち、あれ?あれれ?この方男性?パラパラめくってヒントを探すと、最終頁に家内、という単語を発見。 70代後半くらいか、文章にすごく品のある優しい目線の男性です。

 いくつもの気づきがあった、とても有益な本です。 時折挟まれる文豪の言葉の引用が素晴らしい。 人生の先輩方の知恵が詰まっています。 現役の人でも普段の生活に生かせることはたくさんありましたよ。

 ドイツの詩人リルケ(1875-1926)の言葉を引用され、
 自分の毎日の生活が実り少ない物に思われても、そのような生活のせいにしてはいけない。毎日の生活の中から生きる喜びや生きがいや生きることの実りを求めようとしない自分のことを嘆きなさい。

 住居や身の回りを清潔に保ち、日々の生活を規則正しく送ること、そのような毎日の生活の中に温和な人達との心の絆を再確認できる時間がある。 それが忍び寄る老いの孤独から私を守ってくれるのです。 ジョン・フォンタナル氏という妻を亡くした一人暮らしの友人の言葉だそうです。

 家族を作るための調理法、という項目もクスッと笑えましたが、中々奥深い。 友人の家の台所にあったポスターだそうです。

① まず、あらゆる材料を揃える
② それらに愛情を多めに加える
③ 接吻と愛撫をふりかける
④ 笑いと楽しみを混ぜる
⑤ 材料を数時間寝かせておく
⑥ 小さな問題を取り除く
⑦ ユーモアを加える
⑧ 利点と欠点を常に比較考量する
⑨ あらゆる機会をとらえる
➉ 少々の忍耐でもって味付けをする
⑪ 支援と助言を得て、食卓に出す
⑫ 多くの友達と一緒に賞味する
⑬ 楽しい瞬間を堪能する
⑭ 分かち合う心を忘れない

③ 接吻と愛撫は日本人にはいらないかな。 ⑤の数時間寝かせておくは、なくてもよいかも。 これは家族だけでなく、友人、知人にも使えるレシピのような気がしますが、レベルの高い集団で使ってくださいね。

 人生の喜びとは?人生の美しさとは?の答えが詰まっています。 しかし、政治や宗教観等、人々の意識の差は日本とフランスでは大小さまざまあるので、全てを完璧に日本でできるとは思いませんが、目指す、くらいならできそうです。ただ、人生100年時代、この本の全ての境地に達するのは後期高齢者くらいでも十分なのかな、と感じました。







にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
ラベル:自己啓発
posted by ひろん at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月05日

コメント下さった方、どうもありがとう

 先月コメント下さった方、どうもありがとうございました。 とっても嬉しくてすぐにお返事を書いたのだけど、承認し忘れてて返事が保留コメントに残ったままだった! ぎゃあ~大失敗! 慌てて承認したけれど、もう半月前のことだしコメント読みにきてもらえないかもしれない・・・ と、この記事を書くことにしました。 

 滅多にコメント書かない故の大失敗でした。 お許しください。 

 ここ10日くらい私も運動さぼっています。 歯が痛かったから・・・とお休みしていたけど、歯医者に行って痛くなくなっても復活できていない。 さぼり癖がついてしまうと駄目ですね~ 

 ムーミンママさん、どうもありがとうございました! この記事がお目に留まるとありがたいです

いつも、読んでくださっている方、コメントをくださっている方も、気持ち玉送って下さっている方も、どうもありがとうございます。 感謝です
ラベル:ひとりごと
posted by ひろん at 14:04| Comment(2) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。