2018年11月13日

Queenの映画、ボヘミアン ラプソディー(ネタバレあり)

 洋楽好きな息子につきあって行ってきました。 すごく良かった。 また行きたい。私は洋楽よりクラッシックやオペラが好き。 二十歳くらいの時に、一般教養として洋楽は聞いていましたが、Queenはまったく知りませんでした。 友達にもファンはいなかったし、長髪のロックバンドのビジュアルがまず嫌いだったのかも。 曲はWe Will rock youくらいしか知りませんでしたが、映画はすごく面白いし楽しかった。 

 Queen? 舌出した口のマークだっけ? ローリングストーンズと勘違いしながら見に行ってるし本当まったく知識ゼロ。 Queenの時代的に私は中学生から二十代前半とドンピシャ世代のくせに。 フレディマーキュリーの死とかゲイだったのとか映画を見ながらそうだったのかー、全然知らなかった。 ニュース位見てただろうに、って自分にツッコミ入れてしまいました。 本当にキッスとかローリングストーンズとかこのQueenとか、ビジュアルが生理的に無理だったんですよね。 若いころは。 今ではなんとも思わないけど。 

 映画の中の曲もああ、知ってる知ってるという名曲ばかり。 オペラの手法をライブで取り入れたりしてて、もっと早く聞いてればよかった、後悔しました。 やっぱりスーパースターだったんですね。 Queenって。映画館のクリアな爆音でライブを見ているように錯覚できました。 曲を聞きに行くだけでも行く価値はあると思う。

 ストーリーも面白かった。 フレディの天才とゲイの二重の孤独、ソウルメイト?メアリーとの関係。 バンドメンバーとの不協和音、諍い、確執、すごく理解できるなー、解りやすかったです。 ただ、ちょっとフレディ的に美しく描かれすぎたかな。 まあ、映画ですし。 現実はもっとドロドロしてそうな気がしましたけど。

 ライブエイド等、ライブの再現が凄くリアル。 音源は本物を使用しているようですが、 おそらく俳優さんたちは実際に歌って演奏してるでしょう。 エアーの完成度じゃないです。 フレディ役のラミさんも他の3人の俳優さんたちも楽器の練習相当したんだろうな、本物以上に本物っぽかった。 ラミ・マレックさんはフレディとは顔も体格もちょっと違うんだけど、ステージパフォーマンスはそっくりでした。
 
 フレディは猫をすごく可愛がっていたようで、複数の猫たちがまったりしているシーンが幾つもありました。 映画の監督も猫が好きなんだろうな。 また二回目を見に行きたいけど年明けまで忙しくて。 年明けにはロードショー終わっているかも。 行けるかな?




にほんブログ村


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
ラベル:映画
posted by ひろん at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

温活で風邪を引いてないぞ

 ここ10年以上、毎年9月か10月には寝込む風邪を引いていました。 毎シーズン2・3回は風邪を引くんですが、気が付くと今年はまだ引いていない。 思い当たるのは朝のへそきゅう。 約一時間位、短い時は30分位当てています。 もともとは便秘対策で始めた温活ですが、思わぬ副産物でした。

 へそきゅうはチンして温めるカイロなのですが、二週間ほど前にトイレで下着をもつ時にへそきゅうを握っていたら、つるっと滑って勢いよく便器にぼっちゃん! あーあ、いくら用を足す前とはいえ、便器に落ちたのを洗って乾かして使うのは生理的に無理。 あわてて次の日、ドラッグストアに新しいのを買いに行きました。へそきゅうはないかもしれないけど、何か代わりになりそうなものはあるだろう。

 ありましたありました。「あずきのチカラ」 お腹用。 以前首肩用を使っていましたが、 一回チンして高温面と低温面が使い分けられるように進化してる。 今のところ低温面がちょうどいい温度と時間(20分)ででグッドです。

 以前の首肩用もそうだったのですが、小豆の匂いが服につく。首肩用は顔に近いので小豆じゃないのを買いなおしましたが、お腹用はパジャマの時に使っているのでそんなに気にならないです。

 書いていて気づきましたが、にんにく玉ねぎジャムも週に4、5回、お昼にティースプーン半分ほど摂っています。 食べないと微妙に疲れる気がするので続いていますが、昨年秋からなのでこれも風邪対策になっているかもしれません。

過去記事ですが、へそきゅうが便秘に効く!?

https://nanten505.seesaa.net/article/201809article_3.html


過去記事ですが、にんにく玉ねぎジャムで便秘改善、パワーアップ

https://nanten505.seesaa.net/article/201711article_1.html








にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
ラベル:健康
posted by ひろん at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

貰うこととあげること、どちらが嬉しいか

 人生へんろという本の中で、倉本聰さんが言っていたことが、シンプルで分かりやすいと思いました。以下引用です。

”人間って、何かを貰うこととあげることとどちらが嬉しいのか?それはあげるほうなんだ、ということを、僕は母の死で知ったのです。「人から何かをしてもらう」よりも、「人に何かをしてあげる」「人の役に立っている」ということの方が人間の本質的な生きがいに繋がってくるんだと悟った。それが僕にとって、大きな転機だったんです。” 

 このお母さんの死から、1975年の作品”前略 おふくろ様”が生まれたとあるんで、1975年よりちょっと前の出来事なんでしょうか。

 私はなんとなく気づいていたなあ。 2017年2月にブログに「人生の目的」という記事を書いているのでそれよりずっと前からですね。漠然と思っていました。でも流石、倉本さんの言葉は分かりやすいですね。 前回の免疫力アップランキングでも書きましたが、人に親切にすることが免疫を司る遺伝子の働きに変化をもたらすということが科学的に解ってきたそうです。証明されつつあるみたいで嬉しいですね。

過去記事ですが、人生の目的↓
https://nanten505.seesaa.net/article/201702article_5.html


過去記事ですが、天命ってすぐに持てる?「人生へんろ」の本を紹介しています↓
https://nanten505.seesaa.net/article/201810article_3.html

 もう一つ分かりやすかったのが、玄侑宗久さんの言葉、「達成と幸せは別、達成したらまた次の目標に向かう。達成感を味わえるのはつかの間のこと。 道程を楽しむ。 達成感を味わうシステムを忘れた時に無上の幸福が訪れるのだ。

  うん、知ってた、という感じ。 だって私昔からそうだもの。 最近内向的な性格についての著書を読んでなるほどなと思いました。

 ブログを読んでもらってもお分かりになるとは思いますが、私は内向型。内向的な人は人からの評価をあまり気に留めないんだそうです。 自分のビジョンを表現することが重要。内向型は内面的な幸福、自分のハピネスを重視し、外交的な人はサクセス、外面的な成功を重視するんだそう。玄侑さんが言っているのは内向型の人向けのアドバイスかもしれません。

 内向的な人と外交的な人の10の違いというサイトを見つけました。 10番目が3つあるので、正確には12の違いなんですけど、12個中私は10個のドンピシャ内向型です。

あなたは内向的?それとも外向的? 10個の違いで見えてくるよ↓ 貼っておきます
 https://www.huffingtonpost.jp/2016/10/12/difference-between-introverts-and-extroverts_n_12450252.html


   




にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
ラベル:自己啓発
posted by ひろん at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。