2018年09月15日

エッセイを書くコツ (清川妙)

 以下引用です・・・エッセイを書くコツは、じっくり物を見つめ、ていねいに考え、感動して愛でて、具体的に書くことです。それにユーモアがあればよし、更に品があれば極上です。 この「品」までいくのは一生の仕事。人の生き方とも共通するものがあると思います。 決してあきらめず、自分を育てることに心を燃やして、生きていきたいと思います。

 最後まで自分を育てていくのは楽しいことです。 人生はただ一度。 自分はただ一人。自分を愛し、大事にして、ていねいに育てていく。 それは難しいけれど、大変楽しい作業だと思います。 ・・・ 引用終わり

 作家、清川妙 山口県出身。山口高校国語教師を経たのち、30代半ばから文筆活動に入り、古典評論、エッセイ、手紙の書き方、映画評論など、多方面にわたる執筆や講演会で活躍されました。 引用部分は80代半ばでおっしゃった言葉です。

 フリーライターの先駆者のような清川さんと並ぶのはおこがましいですが、私も書くことが好き。 英語の勉強もかつてはしていた。 70代はじめにご主人を亡くされてから、英語の勉強を始め、単身で海外及び英国に何度も訪れている清川さんとちょっとだけ共通項があり、こんな風に年を重ねたい。 と憧れます。

 清川妙さんを知ることができ、この言葉に出会えたのは、「老いのレッスン」という本。 この本は、八十歳を過ぎてなお現役で活躍されている十二人の方々が登場します。いかに生きてきたのか。現在をどのように生きているのか。そして、これから老いを迎える人たちに伝えたいことは何なのかー? その一語一語が、重みを持ってつづられています。

 殆どの方が明治、大正生まれ。 昭和一桁の生まれの方も2・3人いたかもしれませんが、戦中・戦後を生き抜いてきた方々のバイタリティというか気骨というか、気概を感じた本です。 松原泰道、メイ牛山、石井好子、岡井隆、小野田寛郎、板橋興宗、 岸朝子、笹本亘子、久米昭、桂米丸、新藤兼人、 これらの方のお名前に惹かれて図書館でこの本を手に取りました。 一編一遍はさほど長くないのですが、「私の履歴書」といった風味の本です。 随分と昔の本かな?と思っていたら、2008年初版で思ったほど古くもなく。 

 もう既に故人になられている模様。 お名前は存じ上げていましたが、清川さんの作品は読んだことがなく、この本に出会えて良かったです。 次は清川さんの作品を読みたいです。 

過去記事ですが、知性を磨く文章の書き方 木村治美
https://nanten505.seesaa.net/article/201805article_3.html
 

老いのレッスン―品格のある12人の日本人
佼成出版社
松原 泰道

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト




にほんブログ村


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
ラベル:自己啓発
posted by ひろん at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

へそきゅうが便秘に効く!?

 へそきゅうはチンして温めるカイロ。 ホッカイロの類と違って使い捨てないのがよい所。 これを毎日お腹に当てたら便秘が治りつつあります。 今日はスッキリ! とても嬉しい! 

 日記を読むと8月26日に便秘が始まっている。 ブログの8月30日の記事にも悪化しつつある、と書いてある。 9月6日くらいまではは平時でもお腹が張って気分が悪かった。 実際出すのも時間がかなりかかって苦しかった。 去年ほど長期間ではないけど苦しいのは同様でした。

 8月30日にブログを書いてから、やわことへそきゅうのダブル使いが本当に気持ちよくて毎日両方一緒に使っていました。 使い始めて10日くらい。 恐らくですが、へそきゅうが効いたのだと思います。温度が本当にちょうど良い。 40度で20分。 タオルでぐるぐる巻きにすると30分くらいはほんのり暖かいです。 私は10秒ほど長めにチンしてタオルでぐるぐる巻きにして、15分か20分ほどである程度冷めるともう一度適当にチンします。 合計50分から一時間くらい暖かいです。 温かさも時間もこれが本当に丁度良い。 

 季節的にそれ以上持続すると暑いです。 脇汗とかかいてしまう。 手元にある使い捨てカイロ(ミニサイズ)は最高70度、平均55度、持続時間10時間(40度以上保持持続)。 これでは暑すぎる。 まあ、へそきゅうでもお腹は汗をかいてしまうんですが、 ユニクロのエアリズムキャミを着ているのでわりとすぐに乾きます。

 冬は毎日ではないですが使い捨てカイロをお腹に当てる時もあるのですが、今の季節は暑すぎる。 時間も長いし温度も高い。 でも冷房や冷たい物の摂取でお腹は冷えていたのでしょう。 へそきゅうの温かさも時間もこれが本当に丁度良いです。

 このへそきゅうは不眠にも効くのかな?という気がします。 うとうとする時に当てていると短時間で深く眠れている気がします。 だけど夜寝る時にはやっていません。 へそきゅうの形がそもそも寝る時に着けるのに向いていない。 こんもり丸いおまんじゅう型です。 普段もズボンのゴムで挟んでおさえていますが、見た目ははっきり言って変です。

 明け方に猫に無理矢理起こされると眠れなくなってしまうので、朝やってみようか、でも二階で寝ていてレンジは一階。 降りていくのが面倒でまだ試していません。 
  

 過去記事ですが、至福の時間(マッサージ器と温カイロ)↓
https://nanten505.seesaa.net/article/201808article_10.html

 
 

 
レディウォーマー へそきゅう 1個入
桐灰化学
2016-03-17

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト




にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
ラベル:健康
posted by ひろん at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

チャレンジ前の不安を乗り越えよう

 私の場合、やだやだ、やりたくない病(諸々の不安)は何かにチャレンジする前に現れるようだ、と前回の記事で気づきました。 思い起こせば、なにか良いことが起こるきっかけになるチャレンジの前に起きるのです。 例えば旦那と初めて出会う約束をした時の向かう直前の電車の中、10年来続いているダンスを始めた三度目のレッスンの直前とか、このブログを始めたときもありました。 無意識のうちに障害物というか壁を作るんでしょうか。

 旦那と初めて出会う直前の山手線の中では、理由もないのに疲れていたのか?なぜかすごく面倒に感じて、帰りたい帰りたいメンドクサイ止めたい。 と、ずっと電車に乗りながら思っていました。 

 10年以上続いているダンスではすごくよいお友達複数に恵まれています。 埼玉育ちでここが地元ではない私には貴重な友人たちです。 お友達と会いたいがために、今はダンスが続いているようなものです。 思い出せばダンスの初回は見学兼レッスン、二回目レッスンをして、三度目の前に家の階段を一段踏み外して、左足首を捻挫してしまい、一か月ほどお休みするハメになってしまいました。 これは意識というか無意識のなせる業なのか?

 このブログを始める時もそうでした。 不安が次々と湧いていました。 詳しいことは以下の過去記事に載せていますが、 ブログを始めるのも今年の8月にしようかとも最初は考えていました。 結局二年前の10月に始めてしまったけど、なんだかんだで続いています。 

 私のやだやだやりたくない病は、これが起こった後に起こした行動(チャレンジ)が良い結果になってます。 ぐぐってみると、 脳科学的には何か新しいことをするとき、今までと違うことをするときに感じる不安は、生命維持を主目的とする脳幹機能(自律神経やホルモン、呼吸などを司る原始的な脳)が優先となって起こることらしい。不安が起こるのは人間の本能ですね。

 環境や状況の変化というのは、危険にあう可能性が出てくるために本能的に不安になる。 現状を維持していたい欲求と、変化を望む欲求の相反する二つを持っているから、出てくるものらしいです。 人間であれば出てくるやむを得ないこと。 

 何故か私の場合、運命的な出会い?に関係してやだやだやりたくない病が出てくるのか? これは私の第六感というか、動物的な嗅覚なのかなと思います。 前回出てきた不安を考えると、今回のチャレンジが私にとってのラッキーにつながるとよいなあ、と期待します。

ブログを始めたときの不安についての過去記事↓  
ホントに叶った!「たった一行で全てがかなう手帳の魔法」 さとうめぐみ著↓

 https://nanten505.seesaa.net/article/201610article_6.html


前回のやだやだやりたくない病↓
背中を押してくれた養老孟司先生の本

 https://nanten505.seesaa.net/article/201809article_1.html

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


 

にほんブログ村
ラベル:自己啓発
posted by ひろん at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。